プロジェクト

全般

プロフィール

Cacti-Spine のインストール

Spine とは

従来「cactid」と呼ばれていた、標準のcmd.phpよりもパフォーマンスの良いpollerモジュール。
cmd.phpではレスポンスが悪くなってくるほどデータ取得が増えてきたときに有効。

Spine のコンパイル

Spineはrpm版も提供されていることがあるが、不具合があるためソースコードからの導入が
推奨される。

  • 下記からCacti本体に合ったソースコードをダウンロードする
    https://www.cacti.net/downloads/spine/
  • 展開する
    # tar xzvf cacti-spine-x.x.xx.tar.gz
    
  • 展開したディレクトリに入る
    # cd cacti-spine-x.x.xx
    
  • コンパイルに必要なパッケージを導入する
    「help2man」はRHELの場合DVDには含まれていないので、サブスクリプション登録かRHNから取得する必要があります。
    # yum install gcc mysql-devel net-snmp-devel openssl-devel mysql help2man
    
  • コンパイル、インストールする
    # ./configure
    # make
    # make install
    
  • 下記のパスにインストールされる
    /usr/local/spine
    

設定

  • SpineのDB接続情報を設定する
    # cd /usr/local/spine/etc
    # cp -p spine.conf.dist spine.conf
    # vi spine.conf
    -----------------------------
    DB_Host                 localhost
    DB_Database             cacti
    DB_User                 cactiuser
    DB_Pass                 構築時のパスワードを設定
    DB_Port                 3306
    
    RDB_Host                localhost
    RDB_Database            cacti
    RDB_User                cactiuser
    RDB_Pass                構築時のパスワードを設定
    RDB_Port                3306
    
  • 接続を確認する
    # /usr/local/spine/bin/spine --conf=/usr/local/spine/etc/spine.conf
    SPINE: Using spine config file [../etc/spine.conf]
    SPINE: Version 1.1.33 starting
    SPINE: Time: 1.0799 s, Threads: 1, Devices: 1
    
  • CactiにSpineを設定する
    • 「コンソール」→「設定」→「パス」に移動する
      • 「Spine Binary File Location」に「/usr/local/spine/bin/spine」を設定する
      • 「Spine Config File Path」に「/usr/local/spine/etc/spine.conf」を設定する
    • 「コンソール」→「設定」→「Polloer」に移動する
    • 「Poller Type」→「spine」を設定する

ログを確認する

  • メニューから「clog」をひらく
    「Method:spine Processes:1 Threads:1 Hosts:1 HostsPerProcess:1 DataSources:6 RRDsProcessed:6」
    のようにspineからのデータ取得に成功すること。