プロジェクト

全般

プロフィール

ownCloudでWebDAV接続を行う

概要

ownCloudはサーバアプリケーション側でSabreDAVを実装しているため、バックエンドの
Apache側でmod_davを設定していなくてもWebDAV機能を利用することが可能です。

WebDAVは通常のHTTP/HTTPSでファイルの読み書きを行う機能です。Windows/Macや
スマートフォンなどで利用することが可能ですが、特徴としてフォルダ同期系のサービス
と異なりローカルデバイスにファイルをキャッシュしません。

そのため、少ないストレージでオンラインストレージを利用する際に有効です。

接続方法

  • ownCloudにログインします。
  • 画面左下に歯車アイコンがありますので、これをクリックします。
  • アクセス用のアドレスが表示されますので、コピーします。
    • http(s)://ownCloudのアドレス/remote.php/webdav/
  • コピーしたアドレスを接続元端末で設定します。
    • アカウントにかかわらずアドレスは同一ですが、認証で参照先を切り替えているようです。

上記の手順で接続が可能になります。

WebDAVクライアント

WebDAVはブラウザでのアクセスでは書き込み出来ないので、WebDAVクライアントが必要です。

  • Windowsの場合
    「PC(マイコンピュータ)」の中で右クリックを行い、「ネットワークの場所を追加する」
    からWebDAVアドレスを追加することが可能ですが、WindowsのWebDAVクライアントがあまり
    よろしくないため、接続できないケースが多いようです。個人的な検証ではCarotDAV
    あたりが安定して動作しています。
  • Macの場合
    「Finder」の「サーバに接続」でWebDAVアドレスを入力すればアクセスが可能です。
    特に不具合は無く安定して動作しています。
  • スマートフォンの場合
    GoodReaderでの動作を確認しています。「Connect」→「Servers」から追加できます。