プロジェクト

全般

プロフィール

インストールメディアを利用してyumリポジトリを作成する。

ローカルディスクでyumを行う方法のRHEL6版です。

  1. 使用するインストールメディアをマウントします。
    ここでは仮に以下のパスを使用します。(mkdirしておくこと)
    # mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
    

     
  2. 上記はisoファイルのマウントでも代用ができます。
    dvd-rom実機を使う場合、より高速に動作すると思います。
    # mount -o loop rhel-server-6.x-x86_64-dvd.iso /mnt/cdrom
    

     
  3. 最後に設定ファイルを作成します。
    # vi /etc/yum.repos.d/local.repo
    

    [rhel-dvd]
    name=Install Media
    baseurl=file:///mnt/cdrom/
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///mnt/cdrom/RPM-GPG-KEY-redhat-release
    
「gpgkey」「baseurl」は前項目でのパス設定、「media」「name」は
名前なので適宜設定して下さい。
 
  1. 入力が終わったらとりあえずリポジトリキャッシュをクリアして、
    新規更新が取得出来るかチェックしてみましょう。
    # yum clean all
    # yum check-update
    

    とはいえ、インストールメディアなので、新規インストール
    でもやらない限りは既に最新版のはずですが。

 

戻る