プロジェクト

全般

プロフィール

SQL Serverのデータ領域(mdf,ldf)の移動

Sophos Enterprise Consoleのデータベースが肥大して問題化した場合、データ領域を移動することが出来ます。
SECのサーバにDドライブなどを追加し、そちらにデータを移動します。

前提として別途SQL Server Management Studioが必要です。

移動の準備

サービス停止

  • Enterprise Consoleの以下のサービスを停止します。
    Sophos Certification Manager
    Sophos Management Host
    Sophos Management Service
    Sophos Message Router
    Sophos Patch Endpoint Communicator
    Sophos Patch Endpoint Orchestrator
    Sophos Patch Server Communicator
    Sophos Update Manager
    Sophos Web Control Service
    Sophos Web Intelligence Service
    

データベース切り離し

  • SQL Server Management Studioを起動し、SOPHOSインスタンスにログインします。
  • データベース名を右クリックし、「すべてのタスク」→「デタッチ」を実行します。
  • 「接続の削除」にチェックを行い、デタッチを実行します。DB名が画面上から削除されます。
    • この作業を下記のテーブルで繰り返し実行します。
      SOPHOS5xx
      SOPHOSENC5x
      SOPHOSPATCH5x
      SophosSecurity
      
  • 下記のパスに存在する「データベース名.mdf」「データベース名.ldf」を追加したドライブに移動します。
    C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10_50.SOPHOS\MSSQL\DATA

データベースの切り戻し

  • SQL Server Management Studioで「データベース」を右クリックし、「すべてのタスク」→「アタッチ」を実行します。
  • 移動した「データベース名.mdf」をすべて追加し、アタッチを実行します。
  • データベース一覧にデータベース名が復元されたことを確認し、サーバを再起動します。
  • 再起動後、Sophos Enterprise Console が正しく起動することを確認します。

以上でデータベース領域の移動は完了です。