プロジェクト

全般

プロフィール

Zabbix のインストール

監視サーバZabbixを導入する手順です。

  • インストール環境
    • CentOS 7.4
    • Zabbix 3.4
    • PHP 5.4
    • MySQL(MariaDB)

パッケージインストール

https://www.zabbix.com/documentation/3.4/manual/installation/install_from_packages/rhel_centos

  • Zabbixリポジトリのインストール
    下記リポジトリから最新の「zabbix-release」(el7.centos版)パッケージのアドレスを調べwgetする。
    http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/7/x86_64/
    # yum install wget
    # wget http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.4-1.el7.centos.noarch.rpm
    # rpm -ivh zabbix-release-3.4-1.el7.centos
    
  • サーバのインストール
    # yum install yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent zabbix-get zabbix-sender httpd mod_ssl mariadb-server
    
  • ウェブサーバ、データベースの起動とパスワード設定
    # systemctl enable httpd
    # systemctl start httpd
    # systemctl enable mariadb
    # systemctl start mariadb
    # mysql -u root
    MariaDB [(none)]> set password for root@localhost=password('任意のパスワード');
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
    
    MariaDB [(none)]> quit
    Bye
    
  • DB認証の確認およびデータベース作成
    # mysql -u root -p
    Enter password: 設定したパスワード
    
    MariaDB [(none)]> create database zabbix default character set=utf8;
    MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix.* to "zabbix"@"localhost" identified by "設定するパスワード";
    MariaDB [(none)]> quit
    Bye
    
  • データベースの初期データ投入
    zcatで指定するパスのバージョン部分はyumの結果に合わせてリネームすること
    パスワードはここで新規に設定する内容を設定する
    # zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.4.2/create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix
    Enter password: 設定したパスワード
    
  • 設定ファイルの修正
    タイムゾーンの行を「Asia/Tokyo」に設定する
    # vi /etc/apache2/conf-enabled/zabbix.conf
            # php_value date.timezone Europe/Riga
      ↓
            php_value date.timezone Asia/Tokyo
    
  • もし設定されていなければ下記を修正する
    # vi /etc/zabbix/web/zabbix.conf.php
            # DBPassword=
      ↓
            DBPassword=設定したDBのパスワード
    
  • ウェブサーバをリロード
    # systemctl reload httpd
    
  • Zabbixを起動
    # systemctl enable zabbix-server
    # systemctl start zabbix-server
    
    # systemctl enable zabbix-agent
    # systemctl start zabbix-agent
    

初期設定

  • ブラウザで「https://ipアドレス/zabbix」にアクセスする
  • Welcome画面が表示されるので「Next step」ボタンを押す
  • Check of pre-requisites画面が表示されるので、問題なければ「Next step」ボタンを押す
    • NGがある場合、該当のphpモジュールを導入・更新してウェブサーバをリロードする
  • Configure DB connection画面が表示されるので、データベース情報を指定して「Next step」ボタンを押す
  • ホスト名、ポート、画面に表示するシステム名を設定し、「Next step」ボタンを押す
  • Pre-installation summaryが表示されるので、問題がなければ「Next step」ボタンを押す
  • Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.が表示されたら「Finish」ボタンを押す
    • コンフィグファイルが「/etc/zabbix/web/zabbix.conf.php」に作成される
  • ログイン画面が表示される

初回ログイン

  • 初回ログインは「admin/zabbix」でログインする。
  • 画面右下の「Status of Zabbix」欄の「Zabbix server is running」がyesとなり、UIとサービスの疎通を確認する
  • 画面右上のユーザマークをクリックし、「Change password」をクリックしてパスワードを変更する
  • 「Language」を「Japanese (ja_JP)」に変更する
  • 「Update」ボタンを押して設定を終了する

新規グループの作成

監視対象の単位となるグループを新規に作成します。
このグループに対して、別記の監視テンプレートを割り当てて監視を行います。

  • 「設定」をひらく
  • 「ホストグループ」をひらく
  • 「ホストグループの作成」ボタンを押す
  • 「グループ名」のみ任意(仮にTEST等)に設定し「追加」ボタンを押す。
  • ホストグループ一覧に作成したグループが存在することを確認する

以上で初期設定が終わりです。
このグループに対してホストを登録し、監視内容のテンプレートを割り当てます。